新着
宮城県立利府支援学校のホームページをご覧いただき,ありがとうございます。  利府支援学校は,2つの分校をもつ知的障害のある児童生徒を対象とした特別支援学校です。本校は仙台市の北東に隣接する宮城郡利府町にあります。校舎は高台にあり,利府町の名産品である梨畑やJR東日本の新幹線総合車両センターを眼下に見ることができます。平成元年4月1日に仙台市の一部,塩竈市,多賀城市,富谷市,大和町,大郷町,大衡村,利府町,松島町,七ヶ浜町の4市5町1村を通学区域として独立開校し,今年30年を迎えました。 平成23年4月1日に,児童生徒数の増加に伴う過密化・狭あい化への対応,交流及び共同学習の推進等を目的とした県の教育環境整備計画に基づき,大和町,富谷町(現富谷市),大衡村,仙台市泉区の一部の小学部児童を対象に,富谷町立富ケ丘小学校内に利府支援学校富谷校を開校し,さらに,昨年4月1日には,塩竈市,松島町,七ヶ浜町の小学部児童を対象に,塩竈市立第二小学校内に利府支援学校塩釜校を開校いたしました。 この春,利府支援学校は,本校に小学部5人,中学部15人,高等部61人,富谷校に7人,塩釜校に3人の新入生を迎え...